インパルス堤下はいつから相方に敬語?謹慎明けても許されていない?

インパルス 芸能

「直でしゃべれなくなったら終わり、インパルスとか終わってますもん」とブラックマヨネーズの吉田さん発言。これはチャゲアスからASKAさんが脱退することに関するコメントなんですが、インパルスからすると貰い事故というか逆に話題になってオイシイのかもしれませんが。

堤下さんの不祥事があり、1年程度の謹慎期間を経てから活動再開をしておりますが、コンビの活動は復帰時に一度きり。

調べてみたところ現在もコンビで目立った活動は行ってないようです。それどころか堤下さんが相方の板倉さんに敬語を使っていたことが以前話題になっていたことを知り、いつの間にそんな上下関係が出来てしまったのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

インパルス堤下さんはいつから板倉さんに敬語を使っているのか?

結論から先に言うと昔から堤下さんは板倉さんに敬語を使っていました

近年の不祥事によるものではなく、もともと相方を「板さん」と呼んでいて敬語で話していました。年齢は板倉さんが4か月程度年下ですが、同学年。東京NSCの同期なので全く上下関係はありません。強いて言うならネタを作成するのが板倉さんなので尊敬の念を込めて敬語を使っているのだと思われます。

話題となったのは「水曜日のダウンタウン」で板倉さんに隠し事は無いか堤下さんが問い詰められるというドッキリ。このなかで堤下さんはプライベートの事を散々話してしまうのですが、板倉さんには頭が上がらない。また、常に怒られている雰囲気だったことで視聴者側がその敬語に過剰に反応してしまったようです。

まあ、誰でも怒られたら敬語になりますよね。「なんでここにこれを置いておくの!」「ちゃんと片付けてよ!」なんて言われると「はい、すいませんでした」って日常の私です。堤下さんはその状態がずぅ~っと続いている状態なんだと思います。

謹慎が明けても未だ板倉さんに許されていないのか?

板倉さんは不祥事のあとにコントをしてもウケないと思っているようです。謹慎期間にも不満があったような話もあります。

板倉さんはしばらく腐れキャラでピンの仕事をしていて神経質なところがネタかホントかわからない感じが絶妙なんですが、あれが本当の板さんなのかもしれませんね。

謹慎が明けてもコンビで活動をしていないということはまだ許されていないということより、どうやって笑わせればよいのかわからないといったところでしょうか。

その他、不仲説ってインパルスに限らすよく耳にしますが、四六時中家族よりも一緒にいる時間が多いので、他人から見ると不仲に見えるのかもしれません。実際に仲が悪いコンビもいるそうなんですが、インパルスはどっちなんでしょう。

事故の後に奥さんと離婚しちゃいましたし社会的な制裁は十分受けていると思いますのでコンビの解散はしないで欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

インパルス堤下は昔から相方板倉さんには敬語で話をしていた。

復帰後のコンビでの活動を行っていないのは板倉さんに許されていないというよりも、不祥事後にネタをしてもウケないと思っている説が強いと感じられる。

反省した後は暖かく見守る世の中であって欲しいです。現在堤下さんはYouTube「堤下食堂」を開設しているので、こちらで頑張って欲しいです。

コメント