近藤春奈【スッキリ】いらない論一掃⁈「じゃねーよ」だけじゃねーよ

スッキリス 芸能

お笑いコンビ ハリセンボンのツッコミ 近藤春奈さん
日本テレビの朝の情報バラエティ「スッキリ」の司会を務めています。

就任前後は歓迎ムードでしたが、しばらくして”いらないんじゃないか”
とささやく人もいたようですが、実際のところどうなんでしょか?

世間の評判を調べてみました。

スポンサーリンク

近藤春奈【スッキリ】いらない論一掃⁈

近藤春奈さんは「スッキリ」の司会に2016年3月28日就任。日本テレビのアナウンサー上重聡さんの後任としてでした。

上重さんはプライベートの問題に世間からバッシングに合い、就任してから1年での交代。
当時の近藤春奈さんのキャリアは芸人になって10年以上で実力もつけてましたし、キャラクターもあり就任前後は歓迎されていました。

しかし、しばらくして”他の番組ではおもしろいのに”や”はっきり意見を言ってくれない”などスッキリにはいらない論がささやかれるようになりました。

司会の加藤浩次さんやその前のテリー伊藤さんと同じようなコメントを求める視聴者の期待がひょっとしたら大きかったのかもしれませんね。

でも、それはほんの一部の意見でありほとんどの視聴者は好意的であるようです。
最近の春奈さんのコメントに対しても評価が上がってきており、彼女に求めるものがお笑い芸人としての面白さだけじゃなく、一文化人として出てきているように思います。

「スッキリにいらない」論は一掃されてます。

春奈さんに対するマイナスの評価はひょとすると仕事がうまくいっている人に対するネタミやヒガミを持っている人がわざと起こしているような気がしますね。

「じゃねーよ」だけじゃねーよ

春奈さんと言えば、○○じゃねーよが有名ですよね。
よくよく考えたら誰かか何かに似てるだけってことですけど、それを面白くするのが芸人なのか、その似ていることが実力なのか。まあ面白ければ良いです。

近藤春奈さんが芸人個人として実力をつけてきたのは、2009年に相方の箕輪はるかさんが結核で入院し、一人でテレビに出演し始めた頃だと個人的には思っています。

それまでのテレビ出演はほぼコンビだったと記憶しています。ハリセンボンの名を消さないためにも一人で出演したことで、実力が開花したように思いますね。

皆さんは忘れたのか知らないのか
念の為ですが、ハリセンボンは「M-1」の決勝に2度出ている実力者なんです。
女性コンビでM-1の決勝に進出したのはアジアンとハリセンボンくらいじゃないですか。

そして、わたしが思う「スッキリ」のなかで春奈さんの芸人として実力発揮している部分
それは最後の占いコーナー「2月生まれ」に対する即興のコメント力です。
あれは完全にその場のアドリブセンスが問われます。
ちなみに誕生日は1983年2月23日だそうです。

最近では他のコメンテーターの方たちが自分の生まれつきのところで何か面白いコメントをしますが、最初にやりだしたのは春奈さんだったと思います。

「じゃねーよ」だけじゃないんです。

すべる日もありますが…、知らないかたは確認してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

近藤春奈さんのスッキリでのコメントには当初に比べ評価が上がっている。
評判が良い人を落とすために、悪評を流している人がいるかもしれない。
芸人としての実力があるので、○○じゃねーよだけじゃないコメント力が凄い。
以上です。

コメント